ロックタイト油圧マシンバイスマークIII

E-9475

E-9475/ロックタイト油圧マシンバイスマークIII

特長
■油圧と手動切換えが噛合せ式の誤作動防止機構となってます。
■ダクタイル鋳鉄製で締付時のソリ・破損が極少です。
■摺動部は焼入(HRC45)により、耐摩耗性に優れています。
■油圧ボンプは、300,000回以上の作動テストにより故障の少ない、強力締付が可能なポンプとして完成しています。
■開閉が開始する位置の調整によって3ポションの最適な口開きが得られます。
■旧JIS0級を凌ぐ高精度品です。

[付属品]
専用取付ボルトセット適合T溝巾18mm ・・・ 2組
標準ガイドブロック(2個1組)適合溝巾18mm ・・・ 1組
標準口金・・ 2枚1組-1セット
ハンドル・・ 1本

仕様/価格

オーダーNo. No. 口巾 口深 口開 標準ガイド
ブロック巾
締付力
kN
質量
kg
価格 寸法図 製品
BOX
CAD 在庫
設定
在庫
状況
967819 LTH3P150S 156 57 300 18 40 41 224,000 確認 追加 DATA 在庫 在庫△
968833
並列仕様
LTH3P150SG 156 57 300 18 40 41 231,000 確認 追加 DATA × 問合せ

仕様/価格 油圧ユニット

オーダー
適合機種 価格 寸法図 製品
BOX
CAD 在庫
設定
在庫
状況
969390 LTH3P150S-ASSY LTH3P150S 97,000 確認 追加 DATA × 問合せ

使用例・使用説明

締付方法

①油圧による締付方法

・切替カラーとソケットの凹凸部画が分離した状態でハンドルを時計方向に回してください。
・口金がワークに当り、10kN程度の締付力で内部のクラッチが作動します。
・クラッチ作動後はハンドルとソケットのみが回転し、油圧締付操作が行われます。
・締付力とハンドル操作(クラッチ作動後)

ハンドル操作(回転) 1 2 3 4
締付力(kN) 12 20 30 40

・油圧による締付ストロークは約1.8mmです。

②ネジによる締付方法

・切替カラーをソケット側へスライドさせ切替カラーとソケットの凹凸部をかみ合わせた状態で、ハンドルを時計方向に回してください。
(凹凸がかみ合った状態ではクラッチは作動しません)
・ネジによる締付は最大10kN程度です。

③ネジによる締付と油圧による締付の併用

・変形しやすいワーク及び、クランプする表面が黒皮等凹凸の有るワークをクランプする場合、ネジにより締付操作を行った後、油圧による締付を行います。
・②のネジによる締付操作を行った後、①の油圧による締付を行ってください。
・締付力は(ネジによる締付力)+(油圧による締付力)となります。
・変形の大きいと思われるワークは、締付後完全に固定されたか確認してください。

油圧機構部品

並列品のご注文について(A・Bを何台でも0.01以内に揃えます)


並列仕様品(末尾記号G)をご注文ください。
ご注文の際、ご使用機械の溝巾をご連絡ください。
並列仕様品は新規ご購入の場合のみ製作できます。

精度規格(静的精度)

■静的精度

検査事項(100mmにつき)規格 旧JIS規格(0級) ナベヤ規格
1 本体底面と口金スベリ面との平行度 0.015 0.010
2 口金と口金スベリ面との直角度(直角より小なること) 0.030 0.015
3 本体底面のガイドブロックと口金くわえ面との直角度 0.015 0.015
4 本体底面のガイドブロックと口金くわえ面との平行度 0.015 0.015

■締付精度

検査事項(100mmにつき)規格 旧JIS規格(0級) ナベヤ規格
5 締付けたテストブロックの上面と本体底面との平行度 0.020 0.015
6 締付けたときのテストブロックの上面の浮き上がり 0.030 0.015

 

閲覧履歴
お求めの情報はございましたか

このページの先頭へ