マイページログイン

ナットランナークランプS型

E-9916

材質
シリンダ:A7075
ピストン:SCM440
クランプボルト:SCM435
熱処理
ピストン、クランプボルト:焼入HRC45
表面処理
クランプボルト:黒染め
特長
■ナットランナーを使用してトルク管理、高速クランプが可能です。
■油圧に近い作動性を持ち、配管など不要で手軽に使えます。

※クランプバー別売
カタログPDFダウンロード

※wmv形式の動画ファイルをダウンロード頂けます。再生には、Windows Media Playerが必要です。こちらのサイトよりダウンロードを行っていただきますようお願いいたします。


仕様/価格

オーダー
No.
No. クランプ
距離
全ストローク スイング
ストローク
ロック
ストローク
最大操作
トルクN・m
最大締
付力kN
質量
kg
価格 寸法図 製品ストック CADデータ
980872 NRCS03R 30-60 18 10 8 12 3 0.7 53,500 寸法図を確認
980873 NRCS03L 30-60 18 10 8 12 3 0.7 53,500 寸法図を確認
973814 NRCS06R 30-60 20 12 8 20 6 1.1 58,500 寸法図を確認
973815 NRCS06L 30-60 20 12 8 20 6 1.1 58,500 寸法図を確認
973816 NRCS10R 30-70 23.5 13.5 10 33 10 1.6 64,000 寸法図を確認
973817 NRCS10L 30-70 23.5 13.5 10 33 10 1.6 64,000 寸法図を確認

使用例・使用説明

クランプバー設計寸法

 

a h8 b c ±0.1 d ±0.1 e 1
NRCS03(R・L) 25 21 19 15 8 M6
NRCS06(R・L) 29 24 23 19 9.5 M8
NRCS10(R・L) 35 29 25 21 8.5 M8

 

 

取付加工寸法

 

g h +0.96/+0.1 i j
NRCS03(R・L) 34 40 50 M5
NRCS06(R・L) 40 47 62 M5
NRCS10(R・L) 46 53 73 M6

 

 

 部品構成

 

  部品構成
戻しナット
テーパーブッシュ
クランプボルト
ピストン
シリンダ

 

 

クランプ能力線図

 

 

使用方法

 

クランプボルトを締めることにより、クランプバーが旋回しながらスイングストローク分下がり、その後ロックストローク分垂直に下がり、クランプ状態となります。

クランプボルトを締めると、クランプ時とは逆方向にクランプバーが旋回し、アンクランプ状態となります。

別売りのクランプバーを購入されるか、お客様にてクランプバーを製作してご使用ください。
製作される場合はクランプバー設計寸法を参考に製作してください。
シリンダ中心からクランプポイントまでの距離(L)、操作トルクで締付力が異なります。
クランプ能力線図を参考にクランプバー長さや操作トルクを設定してください。
嵩上げが必要な場合には便利な取付ベースがあります。別売の取付ベースをご使用されない場合は取付加工寸法を参考に取付加工を施して下さい。

 

注意事項

 

過大トルクを加えると製品が破損します。
本製品はナットランナーを用いることを前提としています。類似のインパレスレンチ・インパクトレンチは出力トルク設定を行っても打撃回数を増やすと出力トルクが設定以上に上がりますので、注意してください。
本製品の取り付けには六角穴付きボルトを(強度区分12.9)をご使用ください。
振動により緩みが生じますので、ばね座金、ネジロック剤を使用して緩み止め対策を施して下さい。
クランプバーは付属しておりません。お客様にてご用意してください。
シリンダ中心からクランプポイントまでの最大値は表の通りです。
それ以上で使用されるとクランプ本体の損傷の原因となります。

 

閲覧履歴
お求めの情報はございましたか

このページの先頭へ