マイページログイン

ハイブリッドビルトイン防振マウント(軽量型)

E-1126

材質
プレート:SPHC
ボルト:S20C
ばね:SUS
表面処理
三価クロメートメッキ
特長
■ばねと防振材を併用したハイブリッド構造で、軽量の対象物でも高い効果が得られます。また、防振材の減衰効果でゆれが早く収まります。

■対象の荷重が変わっても同一形状のため偏荷重の対象物にも取付けが容易です。

■金具の接合に接着剤を用いておらず、接合部の劣化、剥がれの心配がありません。

■搭載機器転倒防止用のストッパー機構が付いております。


【用途】

■インライン型検査機・測定機・画像処理装置など振動を嫌う機器の伝わる振動の除振。

■小型のポンプ・送風機・チラー・電動機など振動する機器から発生する振動の防振。


※撓み量・固有振動数は計算値です。

仕様/価格

オーダー№ 許容荷重 撓み量 固有振動数※2 質量g 価格 寸法図 製品ストック
N kgf
121525 BBU25-075 4.91-7.36 0.5-0.75 1.5-4.5 8~12 72 2,500 寸法図を確認
121526 BBU25-110 7.36-10.8 0.75-1.1 1.5-4.5 8~12 72 2,500 寸法図を確認
121527 BBU25-160 10.8-15.7 1.1-1.6 1.5-4.5 8~12 74 2,500 寸法図を確認
121528 BBU25-220 15.7-21.6 1.6-2.2 1.5-4.5 8~12 74 2,500 寸法図を確認
121529 BBU25-360 21.6-35.3 2.2-3.6 1.5-4.5 8~12 76 2,500 寸法図を確認
121530 BBU25-500 35.3-49.1 3.6-5 1.5-4.5 8~12 74 2,500 寸法図を確認

使用例・使用説明

特性データ

振動伝達率(代表データ)


【読み方例】
30Hzの振動の場合、振動伝達率は約0.1倍ですので、振動を1/10に低減できます。

選定のポイント

仕様表より、適正な許容荷重のマウントを選定してください。
マウントの固有振動数が、防振または除振したい振動周波数の1/2以下のものをお選びください。

【選定例】
一つのマウントにかかる荷重が5kg、回転数が1,800rpmのポンプの振動を防振したい場合、ポンプから発生する振動周波数は、1,800回転/60秒=30Hzとなります。
従いまして、固有振動数が30Hz/2=15Hz以下のマウントを選定します。

実施例

【目的】インライン型電子天秤の除振対策
【対策】ベースと電子天秤取付板の間に、ハイブリッドビルトイン防振マウントを4個設置
【結果】インライン型電子天秤に与える振動を除振することができた。

使用上のご注意

■振動周波数がマウントの固有振動数の√2倍以下の場合には、振動が増幅します。
■鉛直・圧縮方向に荷重がかかるよう設置してください。搭載物が軽すぎたり、引っ張り荷重がかかるとストッパーに接触し、防振効果が得られません。
■ストッパー機構は転倒のリスク低減を目的としており、安全を保障するものではございません。事故や損害の補償は負いません。

閲覧履歴
お求めの情報はございましたか

このページの先頭へ